頸椎椎間板ヘルニアについて

頸椎椎間板ヘルニアとは、頸椎(首の骨)の間にある椎間板というクッションの役割をする組織が押しつぶされ変形したり本来の位置からずれてしまうことを言います。この状態になると、椎間板自体の炎症による首の痛みを生じることがあるほか、形状を変えた椎間板が首の神経を圧迫し、首から手先のどこかにしびれや感覚麻痺、筋力低下を起こすといった神経症状を伴うこともあります。このような症状があれば、なるべく早期に整形外科を受診し、リハビリや物理療法などを行うか、手術によって痛みの原因となる部分を取り除くことが必要となります。

↑PAGE TOP